Web celebrity-happylife.seesaa.net


2008年04月08日

まさかの5月スタート、木村拓哉ドラマのドタバタ

ゲンダイネットより、

 どこまで振り回されるのか。

 木村拓哉(35)が主演する4月クールの月9ドラマ「CHANGE」(フジテレビ)の初回放送日が“まさか”の5月12日に決まった。

 同ドラマは木村にとっては3年ぶりの“月9枠”で、史上最年少の総理大臣役を演じることで話題になっている。

 しかし、キャストはしばらくヒロインの深津絵里だけしか発表されず、現在も寺尾聡、阿部寛、加藤ローサの共演が明らかになっているのみ。

 放送日もずっと未定のままで、フジテレビの公式ホームページでは「4月スタート」になっていた。

 4月クールのドラマがゴールデンウイーク明けにスタートとは前代未聞のケースである。いったい、何があったのか。

「木村サイドと共演者のスケジュール調整が難航して、撮影が始まったのは3月末。先月24日が最終回だった『薔薇のない花屋』の放送後に流れた『CHANGE』の予告編も木村の姿は一切なしで、子供たちの映像と木村の声を編集した中途半端なものでしたからね。この状態ではさすがに4月スタートは不可能。結局、全体的なスケジュールを遅らせて、最終回は7月中旬までずれ込むことになりました」(テレビ関係者)

●周囲は振り回されっぱなし

 月9の“穴埋め”には、4月14日から2週連続で「SMAP×SMAP」の2時間スペシャルを組み込み、その後は過去にSMAPが出演した「世にも奇妙な物語」や「スマスマ 特別編」を放送する。まさに、苦肉の策といっていい。

 他にも、木村サイドは混乱を招いている。

「今回の木村のギャラは連ドラ史上最高額の1時間700万円といわれています。他にも高額ギャラの出演者が揃っているため、莫大な制作費がかかります。これを知ったフジの幹部が難色を示したという話もあるほどです。今回の企画は前社長時代に決まったもので、改めて報告を受けて驚いたのでしょう。現場は大慌てだったそうです」(マスコミ関係者)

 いくら木村が“視聴率男”といわれているといっても、ここまで好き放題にやられるとは……。スタッフは情けない思いか。


posted by そろにゃん at 01:35| Comment(1) | TrackBack(0) | セレブの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事どう考えても変。

草なぎが自分の欲で沢山仕事をつめこみたいためだけに「猟奇的な彼女」の撮影を3か月も早めて他の出演者に迷惑かけた直後だから、木村もわがままなように書かれてるけど、それだけでスペシャル番組を4回も作るほどテレビ局は甘くない。

それに、前に「今はフジの期待はガリレオの福山に集中している」だの木村の時代はもう終わりだのって記事なかったっけ?
しかも華麗なる一族の後にそういう記事があったんだよ。他局とはいえ視聴率30%台のドラマの後にもかかわらず、フジが木村よりも福山に期待していたのなら、なぜ今さら木村の機嫌とるの?
「木村人気が落ちてる」のがウソなの、それとも「木村のワガママにフジが合わせてる」のがウソなの?
っていうか、こういう記事はまともな記者の書く普通のニュースとは違うでしょ?こういう記事をうっかりクリックするとウィルスにやられるよ。

今年はスマップ結成20周年とオリンピックが重なるので、番組編成を変えただけだと思う。
Posted by ない at 2008年04月08日 07:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92605108

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。